<< 南米日記【11】 地球の真ん中! | main |
2007.09.19 Wednesday

南米日記【12】 ティティカカ湖(ペルー側)

エクアドルのGuayaquil(グアヤキル)から36時間におよぶバス移動を経て、
ペルーのPuno(プーノ)にやってきた。
世界最高所(3827m)にある湖、Titicaca湖の街。
Titicacaとは、「灰色のプーマ」という意味なのだとか。

ティティカカ湖に浮かぶ「葦」でできたウロス島、
段々畑がうつくしい太陽の島に上陸。

ウロス島は女系社会。鮮やかな服を着た女性達が迎え入れてくれた。
葦を乾燥させてブロック状にしたものをつなぎ合わせただけの島。
おうちも葦で出来ている。かわいい。
























ここで、久しぶりに日本人と会話した。
サラリーマンをしながらバックパッカーをしている青年で、
夜は一緒にChifa(中華料理)でディナー。
ビールで乾杯。

その夜、宿にもどってから原因不明の激しい頭痛に襲われた。
たぶん、標高が高いところで酒飲んだからだなー。
高山病の症状はいままでまったく出ていなかったわたしだったけど、
それ以降、高所での飲酒は注意するようになった。。。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM