2007.09.03 Monday

南米日記【7】 キトの宿

[Quito, ECUADOR]

わたしがキトでお世話になったのが、
大学で日本語教師をしている友人K宅、
そして、スイス人女性の経営するHostal。

K宅は、とってもきれいで、モノがなく広々としていて、
何といっても窓からみえる景色のすばらしいこと!
Kは、ビルの11階にあるこの部屋を、二人でルームシェアしている。
日本語教師の仕事は特別収入がよいわけではないらしく、
この物件を見つけたのは本当に運がよかった、と言っていた。

La casa de Kozue 001

La casa de Kozue 002

これで1ヶ月150ドルとか言ってたかな〜
日本じゃ考えられないです...

キトは南米でも治安が良いほうだとはいえ、防犯対策は厳重。
建物の入り口から部屋に到達するまで、
毎回7つの鍵を開けなければならなかった。
ここではまるで看守さんのように、一般の人が鍵をジャラジャラ持っている。


La casa de Kozue 003

奥に見えるのがコトパクシ(Cotopaxi)山。ちょっと富士山みたいでしょ。
世界の活火山の中でもっとも高く、標高は5897m。
ちょっと遠出すれば登れます。

La casa de Kozue 004

そうそう、キトの標高は2700m。世界で2番目に標高の高い首都。
ちなみに一位は、ボリビアのラパス(La Paz)。ここもこのあと訪れたけど。
最初に降り立った地がこんなに高いところだった割には、特に高山病の症状はなし。
でも人によっては体調崩すことも多いようなので要注意。


ドミトリーに移ったあとも、ここへ毎日足を運んでは、
一緒にご飯を作ったりして、お世話になった。
何度もここに住んでしまおうかと思ったくらい。


ここで甘えることもできたけど、泊まったのは初日だけ。
あえてドミトリーに泊まりたかったからね。


La casa de Kozue 005


で、最高のロケーションのアパートを離れて、
世話になったドミトリーがコレ。

Backpacker's Inn 001

部屋は散らかっているけど笑、全体的にはキレイ。
べつに見せるほどのもんでもないけどさ、
旅人なら「ああ〜」って言う雰囲気わかるでしょ 笑。
ほんとは1泊5ドルだけど、だいぶ安くしてもらった。


スイス人が営む宿ということもあってか、
ルームメイトはドイツ人、オーストリア人、スイス人...



....あれっ?おいら、スペイン語勉強しにきたのに、
部屋で聴こえる言語がドイツ語って!


そりゃないよーーー 笑
ここはどこの国ですか〜?みたいな。
まあ、彼らも英語は分かるから、コミュニケーションはできたけど、
最初はさすがに疎外感ありましたわん。


でも、結局10日間くらい滞在して友達もできたし、楽しかった。
最後に青春映画の一幕のようにさわやかな、住人たちの一枚。

Backpacker's Inn 002

国籍は、アメリカ、スペインのカナリア諸島、イスラエル、オランダ、カナダ、と、インターナショナルです。
ここには、たまたまドイツ語圏チームは入ってないけど 笑。
このときは、みんなでモヒート作って飲んでた。
2007.09.02 Sunday

南米日記【6】 屋台見聞録

[Quito, ECUADOR]

今回の旅で、どんな観光名所よりも最初に行ったのが、このカロリーナ公園だったので、
テンションの高さが写真の絵と枚数に表れております。。。
公園シリーズしつこくてすみませんが、最後は、屋台などの出店(でみせ)を紹介。
やはり、食べ歩きは旅の醍醐味でしょ!

気軽に食べられるスナック類では、
「チョチョス(Chochos)」という白い豆を使った、
さっぱりライム和えの「セビーチェ(Ceviche)」がポピュラー。

基本、盛り付けは客任せ。盛り放題。
Parque de la Calorina 012

バナナチップス(甘くないからポテチっぽい)、コーン、ハーブなどをトッピングして、こんなかんじ。ウマス。
Parque de la Calorina 013


みんなが好き勝手に盛り付けやってるから、こうなる。
Parque de la Calorina 011
まるで、社会の縮図 笑。


ホットドッグも、ソーセージののったパンだけ渡され、
Parque de la Calorina 014

自分で盛り付け。よくばって、ハーブやソース、野菜をたっぷりのっけてこんなかんじ。
ドリンクつきで1USドルが相場。友達と半分こにしたので、実際はこの2倍あります。ウマス。
Parque de la Calorina 015


そして、お菓子シリーズ。色が!!!!
Parque de la Calorina 006

色!!!
Parque de la Calorina 016


そして、街や公園でよく見かけるのが、DVD屋。
エクアドルでは、CDもDVDも海賊版全盛なので、正規のものを探すほうが難しい。
かつては、この首都キトにもタワーレコードが進出したものの、
海賊版パワーに勝てず、そっこー撤退したらしい 笑。

Parque de la Calorina 018


つぎは、キトの宿編。
2007.09.02 Sunday

南米日記【5】 色とか、こどもとか

[Quito, ECUADOR]

前回のエアロビに引き続き、カロリーナ公園。
とにかく広い。

色彩とか、こどもとか、屋台とか、
楽しい要素が多すぎて、ずっとドーパミン出ていた。

Parque de la Calorina 007

Quito_07

Parque de la Calorina 009

Parque de la Calorina 010

Parque de la Calorina 003

Parque de la Calorina 004

Parque de la Calorina 007

Parque de la Calorina 005

Parque de la Calorina 008


公園シリーズまだ続きます。

次は屋台編。
2007.09.02 Sunday

南米日記【4】 高速サルサエアロダイナミック

[Quito, ECUADOR]

天気もよいのでカロリーナ公園(Parque de la Calorina)へ。
日曜名物の、エアロビ大会があるというので、のぞきに行ってみた。
空気が日本と違うせいか、色の見え方も違う。
空が、広い。

Quito_006


Quito_005

熱心な健康マニアみたいな人から、
この運動終わったらすぐに高カロリーのもの食べてそうなおでぶちゃんまで、
高速テンポのトランス風サルサみたいな音楽に乗って、みんな踊る踊る。
みんながついていけるわけがない異常なテンポ!
でもテンションアガル。
見るだけのつもりだったけど、せっかくなので、一緒に参加。


インストラクターが、マッチョなおじさんと、おねえさんの二人いるのだが、
微妙に二人の動きが違う。
でも、みんなそんなこと気にせず踊る。


そして、上級者編にも行ってみた。
ここでは、熱心な参加者が振り付けをほぼマスターしているので、
インストラクターがよくサボっている。
気づけば、お立ち台からちょくちょくいなくなる。
でも、だれもそんなこと気にしない。


ようするに、適当なんです。
でも楽しいんです。

Parque de la Calorina 001 Parque de la Calorina 002
インストラクターが....                  いなくなってます。  


ワタシも負けじと上級者コースに参加したものの、
動きについて行けず、早々にあきらめ、
適当に踊ったり、ハイキックしたりして、
やりたい放題カラダを動かして楽しんだもんねー!


Quito_010 Quito_011


案の定、全身筋肉痛になったけど。


この旅で最初のイベントが、
名所旧跡を訪ねるとか、買い物とかでなく、
なぜか、エアロビ。
こんなところで何やってんでしょうか、ワタシ。。。。


でも、日本ではなかなか体験できないすてきな思い出!




(公園後編へつづく)


Quito_012

2007.09.01 Saturday

南米日記【3】 キト(エクアドル)到着

8月31日深夜、エクアドルの首都Quito(キト)に到着

ここの大学で日本語教師をしている友人に迎えに来てもらう。
一人旅には慣れているつもりだが、
旅先で知っている顔を見ると、やはりほっとする。

この日は友人宅に宿泊し、
翌朝は、わたしが旅先で必ず訪れる場所、Mercado(市場)へ。

場内に足を踏み入れるなり、色彩に圧倒される。
むこうの市場って、とりあえず無理やり「積む」よね!

Quito_001

Quito_002


海外の市場の、独特のにおいとか、
ちょっと閑散とした感じ、
高めの天井にざわめきが反響している感じが、たまらなく好きだ。

Quito_003



旅で最初に食べたごはん、Guatita(グアティータ)

Quito_004

エクアドルをはじめ、南米ではポピュラーな料理。
内臓とジャガイモを、ピーナツソースで煮込んだものを、
ごはんにかけて食べる。うまし。

Quito_004


そのあとは、スペイン語学校探しと、宿探し、そして街をぶらぶら。